新種の梨「しんかんせん」

鳥取の二十世紀梨

夏の終わりに東京に行ってきました。終わりといっても、地獄のように暑くて大汗流しながらの観光でした。くわしくはこちら→東京プチ旅行

母が亡くなってからというもの、ふるさとの味を送ってくれる人がいなくなって少し寂しい…と思っていましたが
近年は友だちが毎年梨を送ってくれるようになりましたヽ(〃∀〃)ノ

鳥取の二十世紀梨
みずみずしくておいしい二十世紀梨

二十世紀梨は安定のおいしさですね。大好きです♡

数日後、今度は小学校の恩師から梨が届きました!親しくさせてもらっていて結婚式にも招待した恩師で、帰省した際に会いに行ってから梨やらお餅やら送ってくださいます。
この梨はわたしは鳥取で見たことないんですが、新種のようで。名前が「新甘泉(しんかんせん)」という、何やら鉄ヲタが喜びそうなネーミングです(笑)

大山の新種の梨「新甘泉」
鳥取(大山)の新種の梨「新甘泉(しんかんせん)」
新甘泉
新甘泉(しんかんせん)は見た目が二十世紀梨とぜんぜん違います

新甘泉は二十世紀梨ではなく、皮の色と触った感触がどちらかというと「幸水」に似ています。

新甘泉
交配しているようです
新甘泉の食べ方
梨は食べる数時間前に冷やすのがいいようです

…なんですけど、待ちきれなくて食べてしまいました(笑)

新甘泉
新甘泉をむいてみました

色味だけでなく、やっぱり味も食感も「幸水」っぽい!とにかく甘いです!聞くところによると高級な梨なんだそうです。交配してるからですかね。

梨には水分が多く解熱作用がありますので、風邪で熱があるときに食べるといいでしょう。
また肝臓を保護し、食物の消化を助けるといわれていますので、お酒を飲む機会の多い方にはピッタリですね。

ありがたく秋の味覚を堪能させていただきますヾ(*´∀`*)ノ

自衛隊おすすめの保存食

非常持ち出し袋

先日の台風21号および地震において、被災された皆様には謹んでお見舞い申し上げます。

あちこちで、こう立て続けに災害が起きると、誰しも他人事ではないという危機感を持たれると思います。

九州では毎年のように台風や豪雨の恐怖にさらされています。

非常持ち出し袋を準備されている方も増えたのではないでしょうか。
保存食としてはよく真空パックのご飯や乾パン、魚の缶詰などを準備されていると思いますが、自衛隊のおすすめの一品はこれです。

フルーツの缶詰
フルーツの缶詰

『フルーツの缶詰』です。

なるほど!と思いました。疲れているときには甘い物で活力がよみがえりますし、まちがいなくおいしいですよね。現場で活躍されている自衛官の方々はさすがよくわかっていらっしゃいますね。

あなたもぜひ一品加えておいてくださいね。

=============================

地震、豪雨の影響により、北海道、岡山県および広島県の一部地域をはじめ全国的にゆうパックなどのお届けに遅れが発生しております。
なお、現在北海道の一部宛ての商品・資料等の発送を停止中です。
何卒ご理解の程お願い申し上げます。

平成30年7月豪雨の影響について

台風21号の影響について

北海道で発生した地震の影響について

 

熱中症?エコノミークラス症候群?夏血栓?

昨日、秋田に巡業中の貴乃花親方が、突然意識を失って倒れたという報道がありました。
屋外での稽古の指導中に突意識を失って倒れ、目を開いた状態で呼びかけにも応答しなかったようです。そばにいた人が「けいれんして意識がない」と110番に通報。救急車にストレッチャーで乗り込む時には、意識も回復して「だいじょうぶ」と言われたとのこと。
熱中症かとも思われましたが、一部報道では夏血栓ではないかと言われています。

実はわたし、先日これとまったく同じことを目の当たりにしたのです。

倒れたのは父でした。

お盆なので米子に帰ってお墓参りなどをしたのですが、福岡に帰る日に父が玄関の植木の剪定をしていたのです。猛暑によって半分枯れていた植木を30分以上かけてずーっと切っていました。

一通り剪定を終え、父が家の横の通路に入ってきたかと思ったら、何か様子がおかしい!
腕がけいれんしてて、意識がもうろうとしてるので、通路の掃き出し窓に座らせたら、そのまま倒れこみました。

力の入らない人間を動かすことの難しいこと!食も細くなって体重も軽くなった父ですが、うまく介助もできず

その日は曇っていてさほど暑くなかったのですが、外で同じ作業を続けたので父はじんわり汗をかいていました。首の後ろを氷タオルで冷やして、お水を飲んでもらうと、回復したようでした。

念のためOS-1を買ってきたら、既に自転車で出かけていました(@_@;)

パッと熱中症を思いついたけど、もしかしたらエコノミークラス症候群か夏血栓だったのかも…

夏血栓というのは、熱中症とよく似た症状で脱水状態から夏に起きやすい血管の病気です。
先日うちのスタッフがブログにしてくれていたばかりです。

ひとまず、自転車に乗れたんならよかった

元気だとタカをくくっていたけど、父ももう94歳。

元気だけどふとしたことで転倒するというので、今回は転ばないように(嫌がる父の)手を引いてあげたり、気をつけていたつもりでした。
もう、無理はきかないですね。ついつい父はやりすぎてしまうので、そこが気がかりです。

夏血栓の治療は、血管に詰まってしまった血栓を溶かすことになります。熱中症のように冷やして休息するなどではよくなりませんので、早めに病院を受診することが肝要です。

…しかし父は病院にも行きたがらないので、時間はかかるでしょうが自然に良くなることを祈るばかりです。

ミネラル補給で熱中症予防

毎日暑いですね。今年は熱中症で搬送されるニュースが本当に多いです。

「大地といのちの会」代表の吉田俊道さん、以前子どもの保育園で開催されたこの方の健康講演会を聴いたことがあります。お話がとてもおもしろくお上手で、菌と共生することの大切さを説いておられ、非常に感銘を受けました。今西日本新聞の紙面で「菌ちゃんありがとう」という記事を書いておられます。

昨日の記事は熱中症に関してでした。
熱中症の要因の一つは、普段の生活の中で暑さから逃げすぎていること、と吉田さんはおっしゃいます。冷房の効きすぎた室内でばかり過ごしていると、急に暑さを感じたときに体が対応できません。ある程度のストレスに遭遇しないと、それを乗り越える能力が発達しないのは自然の摂理である、ということです。

そして吉田さんが問題視されているのは、ミネラルが欠乏した状態の「新型栄養失調」。原因として市販の弁当や惣菜、半調理済み食品、外食に頼った食生活が考えられるとのことです。
製品化の過程でミネラルが流出したり、加工する際に時間がたっても味や色を変えないようにするためにリン酸塩を加えたりすると、結果的にミネラルが働けない形となるのです。
こうした食品ばかり食べているとミネラル不足になり、心や体が正常に機能しなくなる恐れが出てきます。

手っ取り早いミネラル補給食をご紹介されていました。

煮干しと昆布を少量の酢(できれば梅酢)に漬けて冷蔵庫に保管し、毎日かじること。
昆布と煮干し
食欲がない人、水をよく飲んで胃酸が薄くなっているときには特に効果的だそうです。
できるだけ小さな種(アワ、アマランサスなど)を吸収されやすいようにつぶし、ご飯と一緒に炊くのもいいそうです。

また、市販のお茶にはミネラルを除去した純水を使う製品が多いようなので、家の水で入れたお茶がやっぱりおすすめなのだそうです。

毎日暑くて、お茶を沸かしたり火を使って食事を作るのもたいへんですが、少しの努力で健康を保てるなら、ひとがんばりしますかね~.。+..・;+p(・`ω´・+)

熱中症予防のための食事

熱中症

毎日暑いですが、いかがお過ごしでしょうか?

気象庁によると、2018年初夏の気温は平年に比べ高くなる見込みといわれています。早めに熱中症対策にとりかかりましょう。

<食事で気をつけること>

夏場はどうしても食が細くなって、そうめんのような食べやすいものだけを食べてしまいますよね。そうめんを食べるのもいいのですが、そうめんは炭水化物になりますので、それをエネルギーに変えるビタミンB1がないと体は疲れる一方です。
ビタミンB1は豚肉や豆腐、味噌といった大豆製品、モロヘイヤ、玄米などに多くふくまれていますので一緒に食べるようにしていきましょう。

味噌汁塩分と水分が一緒にとれるお味噌汁は最適!

また免疫力を高め、ストレスへの抗体を作ってくれるビタミンCも夏場は特に積極的に摂っていくことをおすすめします。

ビタミンCは赤ピーマンなどカラフルな夏野菜に多くふくまれます。

ビタミンCは熱に弱いため、栄養を考えるのであれば生で食べることをおすすめします。

またシミ・そばかすを作る原因となる紫外線は女性の敵。シミ・そばかす予防にもビタミンCは有効です。なるべく意識して食べるようにしましょう。

疲れの原因になる乳酸の発生を抑えてくれるクエン酸を摂るのも効果的です。クエン酸は梅干しや酢、レモン、グレープフルーツなどにふくまれます。

柑橘系

ビタミンB1、ビタミンC、クエン酸だけ摂取すれば良いということではなく、これらを特に意識しながら他の栄養素もバランスよく摂っていくことが熱中症にならない体作りに大切です。

また、外出時には水分以外に天然塩や塩飴を携帯するのもおすすめです。熱中症に気をつけて夏を楽しんでくださいね。

天然塩と塩飴塩は精製塩ではなくて天然塩をお使いくださいね!