法事で大阪へ

●一晩の徹夜が引き起こすこと
●こんなビタミンCのとり方も
フコイダン健康堂Facebookページ にて絶賛ご紹介中です!

先週末は数年前からカウントダウンして楽しみにしていました、叔父の13回忌法要で第二の故郷大阪へ

大阪は短大生のころ2年間住んでいて大好きな街です。慣れない初めての一人暮らしで、週末になるとよく富田林の叔父の家に泊まりに行っていました。叔母の料理を当てにして( *´艸`)

今回叔父の13回忌、時がたつのは早いものです。叔父が亡くなる当時、わたしは大分に住んでいて次男をお腹に宿していましたので、葬儀に出席できませんでした。きちんとお別れできなくてとても残念でした。
あとになってわかったのですが、叔父は亡くなる2ヶ月前に米子に住んでいたわたしたちのところに会いに来てくれていました。その時はすでにゲッソリ痩せていましたので、病状が進んでいるのだと薄々感じていましたが、こんな身体でよく来てくれたなぁ とうれしかったことを覚えています。

数年ぶりに会う従兄の子どもたちはすくすくすくすく大きくなっていましたね(例:長男23歳183cm)。とてもしっかりしていて頼もしいです

「人生は旅そのもの 旅であるからには帰る場所が必要 それがお浄土」
という親鸞聖人のご説法を引用されたお寺さんのご説法を聴いて、不覚にも泣いてしまったのですが

膝を痛めた叔母を気遣い手を引く、従兄の子どもたちの姿にさらに目頭が熱くなりました
皆やさしくていい子に育っていました。
そして従兄にはとてもとてもお世話になりました次は母の法事(米子市)で会えるかな?☺️

関西国際空港は、今もなお台風時のタンカー事故の爪痕が…海を渡してある片側3車線の道路は途中から1車線になっていました。一日もはやく復旧されますようお祈りして帰路につきました。

関西国際空港
関西国際空港

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA