フコイダン健康堂

フコイダンでイキイキとすごそう!

今時のフーセンガム事情

フコイダンのご注文、お問い合わせは フコイダン健康堂 0120-251-778 まで

 

昨日の夕方の話です。
小5になる次男が「お母さん、フーセンガムって知っとう?」と聞いてくるので、「当たり前やん、なんで?」と聞き返すと
「フーセンできる?オレふくらませれん」と!!

えええ\( ~∇~)/ーーーっ!!

と、ものすごい衝撃を受けたのですが、冷静に考えてみるとそれはそう、次男が生まれてかれこれ10年間フーセンガムを買い与えたことがないんです。

わたしの考えはこうでした。
(ガム?あ~歯にベットリついて、下手したら歯と歯の間に挟まって、万一虫歯にでもなったらゼッタイ嫌だ。おやつは買い溜めしないことにしよ、おにぎりでも置いておけばいい。特別なお祝いなんかの時にお菓子とかジュースとか買ってやろ。でもガムは買わな~い)

たしかに甘いものを常時置いておかないので次男と三男は虫歯がゼロです。長男は虫歯があり、子育て自体いろいろと反省だらけだったので、次男以降、口にするものについては比較的厳しくやってきました。

それがこんな結果になるとは(・Θ・;)

わたしは自慢じゃありませんが虫歯だらけでその数はクラス一でした。小学校の頃の楽しみといえば、近所の友達と駄菓子屋に行ってはクジ付きのフーセンガムやらアイスなんかを買って食べることだったのです。

しかし、もうすぐ中学生になる息子がフーセンも作れない今、子どもたちからそういう機会を奪ってきたことにちょっと罪悪感が芽生えてきました。

ひとまず「フーセンガムのふくらませ方」とググってみました。だって、自分ではどう説明したらよいのかわからなかったので。体得したものを言葉としてアウトプットすることの難しいこと。

ガムをやわらかくなるまでかみます

葉の裏にくっつけます

ガムを丸くして真ん中に舌をツッコミます

息を入れてふくらませます

フーセンガム

…こんなんで伝わるのかな(・.・;)

やはり説明しても次男はすぐにできませんでした。しまいには、口を閉じてその上から覆うようにガムを貼り付けてふくらませる始末(-_-;)
そしてゆうべはひとまずあきらめたようなのですが。

こういうのって、何度も何度もくりかえしやってみて体得するものですよね。自分の小遣いでお菓子を買うことを選択するようになった今からが勝負ですね…

しばらく見守ります(*´ー`*)

Updated: 2017年11月8日 — 2:25 PM
LOHAS Co., LTD. © 2016 Frontier Theme